笑顔

遺品整理は敏腕プロがしてくれる|迅速な神対応

業者が代わりに作業をする

数珠

その際の決まり事に関して。

葬儀を終えた後と言えば、骨壺に入れた個人の遺骨は先祖も眠る墓に納骨する事が当然だとされていたが、近年、散骨と言うスタイルを選ぶ人が多くなってきていると言う。ただし散骨するにはいくつかの約束事があり、誰でも彼でも撒けば良いと言うものではない。また、個人の私有地における散骨であれば法律上違反ではないが、散骨する際は遺骨を0・2ミリ以下にまで粉砕する事と言う決まりがあり、その作業を個人で行うには限界がある。それらの事を見越して、現在ではインターネット上で確認出来るだけでも数多くの散骨請け負い業者が存在しており、もし故人が散骨スタイルを望んでいるのなら、そのような業者に依頼する事が得策と言えるだろう。

なぜ選ぶ人が多いのか。

故人が散骨を選ぶ理由は様々だが、人気があるのはその費用の安さおいてではないだろうか。人間の葬儀関連ではとかく費用の高さが目立ち、墓に納骨して長年に渡り世話をするとなると、その費用は莫大なものになる。その点でいくと散骨形式を選べば、請け負い業者に委託する時の料金だけですむ事に加え、その後かかる費用も削る事が出来、遺族に経済的負担をかけなくてすむと言うメリットがあるからだ。そしてこの散骨だが、どこで散骨したいかによりその請け負い業者も色々ある。一般的には海でする事が主流となっているが、その値段は地域ごとに5万円前後〜30万前後と幅広く(骨を撒く地点までのチャーターボートに乗る定員にもよる)、最近流行のハワイで行うものであれば、渡航費用も含め平均70万円前後となっている。遺族に負担をかけたくない、または元々遺骨は撒いて欲しいと思っている人は、メリットデメリットを理解した上で、生前にその意志を示しておく事が大切である。